2012年6月 8日 (金)

本田、2戦連発で“鬼門・2戦目”勝つ!…W杯アジア最終予選

◆ブラジルW杯アジア最終予選B組第2戦 日本―ヨルダン(8日・埼玉スタジアム2002) 鬼門の2戦目も本田に託す!! 日本代表は7日、埼玉スタジ アムで冒頭15分のみ公開の練習を行った。これまで最終予選の第2戦は2分け3敗と未勝利。史上初の開幕2連勝に向け、アルベルト・ザッケローニ監督 (59)は3日のオマーン戦で先制ゴールを決めたMF本田圭佑(25)=CSKAモスクワ=の2戦連続弾を熱望した。

日本代表の歴史を塗り替える役割が託された。本田は試合前日恒例となったノーコメントで会場を後にしたが、代わりにザック監督が期待を表した。「ケイス ケは時にMF、時にアタッカーとしてプレーしてほしい。適切な判断が下せる選手だし、できることをピッチで出してくれればいい」。トップ下というポジショ ンにこだわらず、ゴールを求めて縦横無尽に動けという指令だ。

昨年8月の右膝半月板損傷後、代表では初のフル出場となった3日のオマーン戦後に「ダメージはある」と話していた背番号4だが、順調に回復し、先発に GOサイン。「ヨルダンを打ちのめす」という4日の言葉通りにするには、09年10月のスコットランド戦→トーゴ戦以来となる2試合連続ゴールしかない。

ジンクスを破る期待もかかる。日本はこれまで最終予選を5度戦い、第2戦を最も苦手としている。通算2分け3敗で、2ゴール以上奪った試合もない。初戦 に勝った場合でも勢いが止まり、結果的に予選終盤までW杯出場権が決まらない要因になっていた。本田は「6月の3試合で勝ち点9(3連勝)を目指す」と公 言。ザック監督も「勝利だけを求める」と誓った。

最終予選は3次予選からの警告が持ち越され、DF今野、DF内田、FW前田は警告を受けると次戦のオーストラリア戦(12日・ブリスベーン)は出場停 止。しかしザック監督は「いつも考えるのは目の前の試合のことだけ。ヨルダン戦は予選最終戦のつもりで臨む」と、一戦必勝の決意を示した。初戦で結果を出 したレギュラー組に強い信頼を持っている。

指揮官はさらに「選手が倒れていても、レフェリーの笛が鳴るまではプレーを続けろ」と発言。たとえ負傷の可能性があってもゴールを狙えという“非情指令”だ。鬼門の2戦目を制することは、単なる1勝以上の重みがある。

2012年5月24日 (木)

関塚ジャパン、U-23トルコに敗れる

サッカー・トゥーロン国際大会が23日(日本時間24日)に開幕。1次リーグA組のU-23日本は開幕戦でU-23トルコと対戦し、0-2で敗れた。

前半を0-0で折り返した日本は、後半に酒井が負傷で退き、大岩を投入。後半17分にオウンゴールで先制を許すと、大津に替えて斎藤が出場。さらに高木、 指宿の2人を同時に入れたが得点は奪えず。後半34分に右サイドからのクロスを滑り込みながら決められ、追加点を奪われた。

トゥーロン国際は8カ国が2組にわかれて1次リーグを戦い、各組上位2チームが決勝トーナメントへ進出する。U-23日本にとって、ロンドン五輪へ向けた重要な大会だが、厳しい船出となった。25日はU-23オランダと対戦する。

う~ん、いろいろ課題がありますねぇ。

オリンピックがんばって欲しいです。

2012年5月12日 (土)

ダル 5勝目の権利持って降板、5回1/3で7K3失点

レンジャーズのダルビッシュが11日(日本時間12日)、アーリントンでのエンゼルス戦に先発。5回1/3で93球を投げて2本塁打を含む3安打3失点、 4四死球7三振で、5勝目の権利を持ってマウンドを下りた。メジャーを代表するスラッガー、プホルスは第1、第2打席は三邪飛、第3打席は空振り三振に仕 留めた。

7回を終えてレンジャーズが10―3でリード。8回からは3番手で上原が登板した。

初回、ダルビッシュは先頭のトラウトをスライダーで空振り三振斬り。続くイズタリスに右前打を許し、1死一塁でプホルスとの初対決を迎えた。2―2から 内角へのツーシームでバットをへし折り、三邪飛に三邪飛に打ち取ったが、折れたバットが捕手トレアルバの頭を直撃するアクシデント。試合が中断したが、ト レアルバは大事には至らず、ダルビッシュは4番ハンターを3球で空振り三振に斬り、初回は無失点で終えた。

1回裏、レンジャーズは3連続内野安打で1点を先制したが、雨のため1死満塁の場面で試合は中断。2時間後に再開され、ジェントリーの三塁打などでさらに5点を追加し、6―0と大量リードを奪った。

1回から2時間20分後、ようやく2回のマウンドに上ったダルビッシュ。この回から捕手はナポリに交代した。それでも中断による影響を感じさせない投球 でトランボをスライダーで空振り三振に斬ると、続くケンドリックは右飛、ウェルズも右飛に打ち取り、あっさり3人で終えた。

7点リードで迎えた3回、先頭のアイバーはダルビッシュのカーブに手が出ず見逃し三振。しかし、ウィルソンをストレートの四球で歩かせると、2―1から 1番トラウトに甘く入った直球を捉えられ、左へ2点本塁打を浴びてしまう。続くイズタリスは二ゴロ、プホルスは三邪飛に打ち取って、この回2失点で終え た。

4回はハンターを三ゴロ、トランボを空振り三振と簡単に2アウトも、ケンドリックにこの日2つ目の四球。それでもウェルズを右飛に打ち取った。5回は下 位打線を相手に二直、空振り三振で2死とすると、3回に一発を浴びたトラウトに四球。続くイズタリスを投ゴロに打ち取って5回を終え、5勝目の権利を手に した。ダルビッシュは5回83球を投げて2安打2失点、3四死球で6奪三振。

6回、ダルビッシュは先頭のプホルスを151キロの直球で空振り三振に斬ったが、続くハンターにセンターバックスクリーンへソロ本塁打を浴びてしまう。トランボに死球を与えて1死一塁としたところでマウンドを下りた。


調子がいいですね。

これからもこのペースでがんばって活躍してほしいです。

2012年5月 1日 (火)

ダル「メジャーの雰囲気になじんできた」 被弾も制球に安定感

◇ア・リーグ レンジャーズ4―1ブルージェイズ(2012年4月30日 トロント)

レンジャーズのダルビッシュは4月30日、トロントで行われたブルージェイズ戦に先発して7回を4安打1点に抑える好投を見せ、ア・ナ両リーグのトップに並ぶ4勝目をマークした。

4回にメジャーで初めて本塁打を許したが、9三振を奪う力投。2回は連続四死球で無死一、二塁とされたが、制球は崩れない。後続を連続三振などで打ち取った。5回は無死一塁からアレンシビアを緩い変化球で注文通りの三ゴロ併殺打に抑えた。

ストライクを奪うのに窮したデビュー当初とはマウンドの落ち着きが違った。ダルビッシュは制球の安定感が増した要因として「メジャーリーグ自体の雰囲気に自分がなじんできたのが一番」と話していた。


さすがダルビッシュといったところですね。

適応力も一流とは。

2012年4月21日 (土)

松坂、24日に公式戦登板=約1年ぶり、マイナー1Aで―Rソックス

【ボストン時事】昨年6月に右肘手術を受けた米大リーグ、レッドソックスの松坂大輔投手(31)が、23日(日本時間24日)に行われるマイナー1Aの試 合で先発することが20日、決まった。

昨年5月16日にオリオールズ戦に先発して以来、約1年ぶりの公式戦登板となる。

順調なら、5月中にも大リーグに復帰できる見通しになった。

一時的にマイナーからレッドソックスに合流している松坂は20日、本拠地フェンウェイ・パークで約40球の投球練習を行った。

23日は75球をめどに投げる予定で、バレンタイン監督は「メジャーに戻れば先発ローテーションの一員になる」と復帰に期待を込めた。


またメジャーでの活躍をみたいですね。

無理はせず、万全の状態で復帰してほしいですね。

2012年4月12日 (木)

3試合ぶり出場の長友が決勝PK獲得!!インテルがシエナに逆転勝利

セリエAは11日、第32節を各地で行った。日本代表DF長友佑都の所属するインテルはホームでシエナと対戦した。長友はこの日もベンチスタート。しかし DFワルテル・サムエルの負傷により、前半38分からリーグ戦3試合ぶりの出場を果たした。試合は開始早々失点を喫したインテルだったが、前半42分に FWミリートのゴールで同点とすると、後半36分、左サイドで仕掛けた長友がPKを獲得。ミリートが豪快に蹴り込み、インテルが2-1で勝利した。インテ ルはストラマッチョーニ監督就任以降、3戦負けなし(2勝1分け)となった。

インテルは立ち上がり早々、簡単に失点してしまう。前半6分、ミスから高い位置でボールを失い、ゴール前まで運ばれると、2度のシュートはGKジュリオ・セーザルが防いだが、最後はMFガエタノ・ダゴスティーノに押し込まれ、先制点を許した。

いきなりビハインドを背負ったインテルに前半38分、アクシデントが襲う。DFワルテル・サムエルが負傷し、交代を余儀なくされる。代わって長友を投入。DFクリスティアン・キブがCBに回り、ストラマッチョーニ監督就任以降、初出場となった長友は左SBに配された。

すると前半終了間際の42分、右サイドのCKからショートコーナーでつないだボールを、DFエマヌエレ・ペゾーリがクリアミス。ゴール前で待ち構えていたミリートが頭で押し込んだ。ミリートの3試合連続ゴールで、インテルが試合を振り出しに戻した。

次の1点を巡る戦いは後半に突入。ボールポゼッションで圧倒するインテルは、サイド攻撃を中心に攻める。長友も高い位置を保ち、左サイドを積極的に仕掛けた。

すると後半36分、長友が左サイドをオーバーラップ。DFダニエレ・マンニーニが激しい競り合いの中、PA内に侵入した長友を倒してしまい、インテルが PKを獲得する。このPKをミリートが豪快に蹴り込み、インテルが待望の勝ち越しゴールを手にした。3試合ぶりに出場した長友の活躍で、インテルが2-1 で逆転勝ちをおさめた。


いや~大事なところで結果を出せる。

さすがですよ。

2012年3月31日 (土)

香川4失点に「がくっとした」

ブンデスリーガ ドルトムント4―4シュツットガルト(2012年3月30日)

前半に先制ゴールを決め、日本人最多ゴール記録を樹立したドルトムントの香川。

それでもホームで勝ち点1に終わり、「僕自身もチームとしてもがくっとした」と負けたような表情。

後半25分以降に4失点を喫したことを悔やみ、「落ち着いてボールを回すことが必要だった」と話した。

前半33分、左クロスをhttp://do-the-livechat.com/が頭で落とすと、うまく右足で決めて今季12点目。

自身のゴールについては「いい形で、チームとして生まれたゴールなのでよかった」とだけ話した。


ほんとに流れってあるんだなぁと思いましたね。

まぁでも、記録おめでとう!

さすがです、これからも期待したいですね!

2012年3月24日 (土)

ドルトムント、柏・酒井を今夏獲得へ!複数年契約を準備

サッカー・ドイツ1部リーグ(ブンデスリーガ)王者で今季も首位に立つドルトムントが、柏のU―23日本代表DF酒井宏樹(21)獲得に乗り出したことが 23日、明らかになった。視察した強化担当者が高い評価を与え、今夏獲得へ複数年契約の正式オファーを準備。7月開幕のロンドン五輪後に、同チームで9得 点を挙げる日本代表MF香川真司(23)と最強タッグを結成する可能性が出てきた。

ロンドン五輪を控える「関塚ジャパン」不動の右サイドバック、酒井の去就に新たな動きがあった。ドイツ関係者によると、ブンデスリーガ連覇に向け好調な ドルトムントが、今夏の移籍市場での正式オファーへ最終段階に突入。柏と2013年1月まで契約を残す新鋭に対し、複数年契約による完全移籍の条件を準備 したという。


香川のおかげで日本選手の評価があがったんでしょうね。

より上の環境でサッカーができるのはいいことですな。

2012年3月16日 (金)

「不調は『底』をすぎた」

ヨーロッパリーグ・トゥエンテ戦、ブンデスリーガ・ハンブルガー戦と、2戦連続で先発出場したシャルケの内田篤人。これまでであれば2戦連続の出場がク ローズアップされることなどなかったが、今季の内田はあまりにも戦列から離れすぎた。ハンブルガー戦はリーグ戦第25節にしてようやく9度目の先発となっ た。


内田選手、調子でてきたようですね!

個人的に好きな選手なのでうれしいです!

ここからが大事ですから、気を抜かずにがんばってほしいですね。

2012年3月10日 (土)

インテルが公式戦10戦ぶりとなる勝利…長友はフル出場

セリエA第27節が9日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、アウェーでキエーヴォと対戦。

長友は先発出場した。

現在公式戦9試合連続未勝利のインテルだが、序盤から試合を支配。

しかし、14分に相手選手のハンドからPKを得るが、ディエゴ・ミリートが逸機してしまう。

スコアアレスで迎えた後半にもゴールを奪えず、終盤に突入。

引き分けに終わるかと思われたが、87分にウェスレイ・スナイデルのCKからワルテル・サムエルが先制ゴールを奪取した。

インテルは、続く90分にもハビエル・サネッティのクロスからディエゴ・ミリートが追加点を奪い、結局2-0で勝利し、公式戦10試合ぶりの白星を手にした。


10試合ぶりの勝利でしたね!

いやーなかなか勝てず、やっと勝ちをつかめたという感じですね。

このまま勢いが付けばいいんですが。。。

そのためにも次もしっかりと勝利をつかんでほしいですね。

«ダル、セットからの制球定まらず 不満の声も

無料ブログはココログ