« ダル、セットからの制球定まらず 不満の声も | トップページ | 「不調は『底』をすぎた」 »

2012年3月10日 (土)

インテルが公式戦10戦ぶりとなる勝利…長友はフル出場

セリエA第27節が9日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、アウェーでキエーヴォと対戦。

長友は先発出場した。

現在公式戦9試合連続未勝利のインテルだが、序盤から試合を支配。

しかし、14分に相手選手のハンドからPKを得るが、ディエゴ・ミリートが逸機してしまう。

スコアアレスで迎えた後半にもゴールを奪えず、終盤に突入。

引き分けに終わるかと思われたが、87分にウェスレイ・スナイデルのCKからワルテル・サムエルが先制ゴールを奪取した。

インテルは、続く90分にもハビエル・サネッティのクロスからディエゴ・ミリートが追加点を奪い、結局2-0で勝利し、公式戦10試合ぶりの白星を手にした。


10試合ぶりの勝利でしたね!

いやーなかなか勝てず、やっと勝ちをつかめたという感じですね。

このまま勢いが付けばいいんですが。。。

そのためにも次もしっかりと勝利をつかんでほしいですね。

« ダル、セットからの制球定まらず 不満の声も | トップページ | 「不調は『底』をすぎた」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285902/44440145

この記事へのトラックバック一覧です: インテルが公式戦10戦ぶりとなる勝利…長友はフル出場:

« ダル、セットからの制球定まらず 不満の声も | トップページ | 「不調は『底』をすぎた」 »

無料ブログはココログ