« 香川4失点に「がくっとした」 | トップページ | 松坂、24日に公式戦登板=約1年ぶり、マイナー1Aで―Rソックス »

2012年4月12日 (木)

3試合ぶり出場の長友が決勝PK獲得!!インテルがシエナに逆転勝利

セリエAは11日、第32節を各地で行った。日本代表DF長友佑都の所属するインテルはホームでシエナと対戦した。長友はこの日もベンチスタート。しかし DFワルテル・サムエルの負傷により、前半38分からリーグ戦3試合ぶりの出場を果たした。試合は開始早々失点を喫したインテルだったが、前半42分に FWミリートのゴールで同点とすると、後半36分、左サイドで仕掛けた長友がPKを獲得。ミリートが豪快に蹴り込み、インテルが2-1で勝利した。インテ ルはストラマッチョーニ監督就任以降、3戦負けなし(2勝1分け)となった。

インテルは立ち上がり早々、簡単に失点してしまう。前半6分、ミスから高い位置でボールを失い、ゴール前まで運ばれると、2度のシュートはGKジュリオ・セーザルが防いだが、最後はMFガエタノ・ダゴスティーノに押し込まれ、先制点を許した。

いきなりビハインドを背負ったインテルに前半38分、アクシデントが襲う。DFワルテル・サムエルが負傷し、交代を余儀なくされる。代わって長友を投入。DFクリスティアン・キブがCBに回り、ストラマッチョーニ監督就任以降、初出場となった長友は左SBに配された。

すると前半終了間際の42分、右サイドのCKからショートコーナーでつないだボールを、DFエマヌエレ・ペゾーリがクリアミス。ゴール前で待ち構えていたミリートが頭で押し込んだ。ミリートの3試合連続ゴールで、インテルが試合を振り出しに戻した。

次の1点を巡る戦いは後半に突入。ボールポゼッションで圧倒するインテルは、サイド攻撃を中心に攻める。長友も高い位置を保ち、左サイドを積極的に仕掛けた。

すると後半36分、長友が左サイドをオーバーラップ。DFダニエレ・マンニーニが激しい競り合いの中、PA内に侵入した長友を倒してしまい、インテルが PKを獲得する。このPKをミリートが豪快に蹴り込み、インテルが待望の勝ち越しゴールを手にした。3試合ぶりに出場した長友の活躍で、インテルが2-1 で逆転勝ちをおさめた。


いや~大事なところで結果を出せる。

さすがですよ。

« 香川4失点に「がくっとした」 | トップページ | 松坂、24日に公式戦登板=約1年ぶり、マイナー1Aで―Rソックス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285902/44851706

この記事へのトラックバック一覧です: 3試合ぶり出場の長友が決勝PK獲得!!インテルがシエナに逆転勝利:

« 香川4失点に「がくっとした」 | トップページ | 松坂、24日に公式戦登板=約1年ぶり、マイナー1Aで―Rソックス »

無料ブログはココログ