« ダル「メジャーの雰囲気になじんできた」 被弾も制球に安定感 | トップページ | 関塚ジャパン、U-23トルコに敗れる »

2012年5月12日 (土)

ダル 5勝目の権利持って降板、5回1/3で7K3失点

レンジャーズのダルビッシュが11日(日本時間12日)、アーリントンでのエンゼルス戦に先発。5回1/3で93球を投げて2本塁打を含む3安打3失点、 4四死球7三振で、5勝目の権利を持ってマウンドを下りた。メジャーを代表するスラッガー、プホルスは第1、第2打席は三邪飛、第3打席は空振り三振に仕 留めた。

7回を終えてレンジャーズが10―3でリード。8回からは3番手で上原が登板した。

初回、ダルビッシュは先頭のトラウトをスライダーで空振り三振斬り。続くイズタリスに右前打を許し、1死一塁でプホルスとの初対決を迎えた。2―2から 内角へのツーシームでバットをへし折り、三邪飛に三邪飛に打ち取ったが、折れたバットが捕手トレアルバの頭を直撃するアクシデント。試合が中断したが、ト レアルバは大事には至らず、ダルビッシュは4番ハンターを3球で空振り三振に斬り、初回は無失点で終えた。

1回裏、レンジャーズは3連続内野安打で1点を先制したが、雨のため1死満塁の場面で試合は中断。2時間後に再開され、ジェントリーの三塁打などでさらに5点を追加し、6―0と大量リードを奪った。

1回から2時間20分後、ようやく2回のマウンドに上ったダルビッシュ。この回から捕手はナポリに交代した。それでも中断による影響を感じさせない投球 でトランボをスライダーで空振り三振に斬ると、続くケンドリックは右飛、ウェルズも右飛に打ち取り、あっさり3人で終えた。

7点リードで迎えた3回、先頭のアイバーはダルビッシュのカーブに手が出ず見逃し三振。しかし、ウィルソンをストレートの四球で歩かせると、2―1から 1番トラウトに甘く入った直球を捉えられ、左へ2点本塁打を浴びてしまう。続くイズタリスは二ゴロ、プホルスは三邪飛に打ち取って、この回2失点で終え た。

4回はハンターを三ゴロ、トランボを空振り三振と簡単に2アウトも、ケンドリックにこの日2つ目の四球。それでもウェルズを右飛に打ち取った。5回は下 位打線を相手に二直、空振り三振で2死とすると、3回に一発を浴びたトラウトに四球。続くイズタリスを投ゴロに打ち取って5回を終え、5勝目の権利を手に した。ダルビッシュは5回83球を投げて2安打2失点、3四死球で6奪三振。

6回、ダルビッシュは先頭のプホルスを151キロの直球で空振り三振に斬ったが、続くハンターにセンターバックスクリーンへソロ本塁打を浴びてしまう。トランボに死球を与えて1死一塁としたところでマウンドを下りた。


調子がいいですね。

これからもこのペースでがんばって活躍してほしいです。

« ダル「メジャーの雰囲気になじんできた」 被弾も制球に安定感 | トップページ | 関塚ジャパン、U-23トルコに敗れる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285902/45231068

この記事へのトラックバック一覧です: ダル 5勝目の権利持って降板、5回1/3で7K3失点:

« ダル「メジャーの雰囲気になじんできた」 被弾も制球に安定感 | トップページ | 関塚ジャパン、U-23トルコに敗れる »

無料ブログはココログ